2006年08月18日

外国語のサイトを日本語化する Firefox の拡張機能

ネットを日本語化する:Japanize
という Firefox の拡張機能を入れてみた。

Japanize は、外国語のウェブサイトのユーザーインターフェイスを日本語化するサービスです。
ネットを日本語化する:Japanize

ということで、外国語のサイトを日本語に訳してくれるというもの。

これは機械翻訳ではなくユーザーが翻訳したものなので訳に不自然さがない感じ。逆に機械翻訳ではないので、対応しているサイト以外は翻訳はされない。でも、これも今後増えていくだろうし、自分でユーザー登録して参加することも可能。

Firefox も動作が遅い気がしていたので、もう乗り換えようかとも思っていたが、こういう拡張機能が出てきたりするのでなかなか乗り換えられない。



posted by knit at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

アスパラクラブで一澤信三郎帆布バッグプレゼント

朝日新聞の会員制サービス・アスパラクラブ一澤信三郎帆布のバッグをプレゼントしている。

信三郎帆布のバッグは今はまだ通販などもしていないようなので、京都の信三郎帆布の店舗に行って買うかオークションなどになってしまう。とはいえ、店舗でも昼前に売り切れてしまうこともあるようだし、オークションもかなり高額になってしまっているらしい。

なのでプレゼントに応募してみるのもいいかもしれない。プレゼントのバッグは色が選べないのはちょっと残念だけど、どの色でもそれほど悪くはないかと。

いざ応募しようとしたら、アスパラクラブにログインできない。前に登録したことがあるはずなのだけど、ログインID を忘れてしまった。探さないといけなくなってしまった。(追記:実は登録していなくて朝日マリオン・コムと勘違いをしていたみたい)締切は2006年8月25日ということなのでまだ日はあるのでいいけど。

プレゼントとは関係ないですけど一澤信三郎帆布のお盆休みは
8月13日(日)より16日(水)まで
一澤信三郎帆布のお知らせより)
だそうです。夏休みなどで京都に行って信三郎帆布に行こうと思っている方はお気をつけ下さい。

posted by knit at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

サッカーの見方

今はサッカーのワールドカップで盛り上っているが、
スポーツナビ|オランダサッカー、5つのエッセンス(1/3)
という記事を読むと戦術についてちゃんと理解していたら、もっと面白く観戦することができるのだろうなぁ、と思ったりした。

posted by knit at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

一澤帆布加工所のサイトがアクセス禁止になっている

今日一澤帆布加工所のサイトにアクセスしたら 403 Forbidden となっていた。確かに今は一澤信三郎帆布となっているわけなので、残しておいても仕方ないのかもしれない。

最近の内容も今回の騒動に関するものだったので、あまり残しておいてもイメージ的に良くないだろうし。でも、逆に職人さんたちと三男の信三郎氏との関係や、作っている鞄にたいしての思いもわかって、より応援しようという気にもなるような内容だったので勿体ない気もする。

とはいえ、やっぱりいつまでも騒動の話を残しておきたくもないのだろうとは思う。
追記:スタッフからのメッセージは一澤信三郎帆布内のこちらに移動していた模様。ちゃんと読めるようになっていた。

そういえば、長男側の一澤帆布の方は今どうなっているのだろう?

posted by knit at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

アラーキーの言葉

お葬式の出棺の際、カメラ付き携帯で写真を撮る人がいるという話に少し関係するメモ。

最近読んだ「天才アラーキー写真ノ時間」という本の中の ”ドイツの新聞のインタビューに応える”というところで、

亡くなった奥さんの写真を撮ったということは、自分にとって最も挑発的なことなのではないかとも思えますが。

という質問に

A 挑発(長髪)って、オレの髪の毛は短いけど、フフフ、そう、愛するものの死を撮るっていうことは写真の頂点だから、挑発って言葉は、写真の極意、頂点を撮ったという意味になるのかなぁ、たぶん。

だから、妻の死を撮ったときにあたしは、「写真は撮り終えた」って言ったわけ、そのころ。それで、その後、空ばっかり撮ってた。

天才アラーキー写真ノ時間

と応えていた。アラーキーが写真の頂点とか、写真は撮り終えた、とまで言うようなことを、今では一般の人が普通(?)にカメラ付き携帯電話で撮っているというのはすごい話な気がする。

このお葬式で写真を撮る人が増えてきているというような話をカメラマンとか写真家はどう捉えているのか、気になる。

ARAKI NOBUYOSHI

天才アラーキー写真ノ時間
荒木 経惟
集英社 (2002/12)
売り上げランキング: 87,946
posted by knit at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする