2005年10月27日

「描かれた動物・植物 −江戸時代の博物誌ー」行きたかった…

少し前に新聞で江戸時代の動植物画のようなものの展覧会の紹介記事を見た。なかなか面白そうと思ったが、あまり詳しく見ていなかったので場所や期間もわからなかったので検索してみた。

記憶が曖昧でなかなか辿り着けなかった。でも、何とか辿り着いてみたら10月27日(木)までだった。もっと早く調べておけば良かったと後悔。

ただうろ覚えで検索したおかげで面白そうなものも発見できた。

貴重な資料が電子化されてネットで閲覧できるというのは何となく知ってはいたけど、初めてちゃんと見たかも知れない。

展覧会に行って実物を見たりするのが一番かも知れないけど、ネットで資料が見られるのは凄くありがたい。他にもいろいろ面白そうなものがあったのでまた見てみようと思う。

江戸の動物画―近世美術と文化の考古学
今橋 理子
東京大学出版会 (2004/12)
売り上げランキング: 230,889
江戸の動植物図―知られざる真写の世界
朝日新聞社
朝日新聞社 (1988/10)


posted by knit at 04:08| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月16日

横浜トリエンナーレ2005ディレクター交代

横浜トリエンナーレのディレクターが建築家の磯崎新氏から現代美術家川俣正氏に交代になったらしい。
横浜トリエンナーレ2005お知らせ
何だかバタバタしている印象がある。
そもそもトリエンナーレって言っているのに全然トリエンナーレじゃないし…。
横浜トリエンナーレの概要によると
トリエンナーレとは、イタリア語で「3年に1度」を意味し、「2年に1度」のビエンナーレとともに、継続的に開催される大型の国際美術展を表わす言葉です。
と書いてある。ちなみに前回の横浜トリエンナーレは2001年な訳で本来なら今年開催しているはず。
延期の理由が会場が確保出来ないという事らしいのでやる気あるのか?と思っていたけど更にまたディレクター交代という訳でどうなるのだろう?
posted by knit at 19:15| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 美術関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする