2005年11月26日

本の交換会パーティー

オンライン古本屋の日常:無駄書きの朝に本の交換会パーティという話があった。

あまりに近しい相手の場合、本に活字以外のことがまとわりついてうっとうしくなるところを、ロクに知らない相手だと、本そのものと向き合うことができる。これはおもしろいなあ。本の交換会パ−ティがやれるね。参加者は、読み終えて不要なもののなかから、おすすめしたい本を何か1冊持参。そのとき、題名がわからないよう袋に入れる。で、クジびきとかで交換をして、そこで開封するのだ。
オンライン古本屋の日常:無駄書きの朝

これを何かネット上でできないものかな?と思ったりした。システム的にそういう仕組みを作ってサービスとして提供するとか。
例えば、

  • 自分の読み終えて不要になった本を登録しておく。
  • そこには何人もの人がそういう本を登録してある。
  • その中からランダムに他の人からの本が送られてくる。当然その本は送られてくるまで何かはわからない。
問題としては
  • 交換された本の金額に不公平感がでそう。
  • 実際の物品(本)の発送が必要で手間がかかる。
などかすぐに思いつく。

データだけでやり取りできるならもう少し楽にできそうだけど、本は本であるからいいので、それがデジタルデータとして交換できてもあまりうれしくはない気もする。やっぱりなかなか難しい。

ぼくはオンライン古本屋のおやじさん
北尾 トロ
筑摩書房 (2005/02/09)
売り上げランキング: 97,829
ヘンな本あります―ぼくはオンライン古本屋のおやじさん2
北尾 トロ
風塵社 (2003/05/07)
売り上げランキング: 49,247


posted by knit at 14:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | 書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

ヘンな本あります
Excerpt: ヘンな本あります―ぼくはオンライン古本屋のおやじさん2 北尾 トロ 風塵社 2003-05-07 売り上げランキング : おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by ..
Weblog: Book Review’S ??本は成長の糧??
Tracked: 2005-12-10 06:01