2008年02月27日

お見舞い

もう治らないと言われている人のお見舞いに行くのはなかなか辛い。

痛がっているのを見るのも辛いが、痛み止めが効いて少し調子がよく見えるのも辛い。痛みを感じていないだけで状態は変わらない、もしくは悪くなっているのだから。

痛み止めが効いて、起き上がって話が出来たりすると、このまま良くなるのではないのかと期待をしてしまう。でも、現実はそんな事はなく確実に悪くなっている事を思い出して、余計落ち込む。

期待はしちゃいけない、いい事も悪い事も考えないようにしようと思うけど、なかなか難しい。

でも、CutupEditor で変な文章を生成させていると少しの間だけ忘れられた。人工無脳とかカットアップも意外に役に立った。

posted by knit at 21:09 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
お見舞い申し上げます。
お気持ちわかります。。
ご病人本人様にも、プロダクトを見せてあげてみてはどうでしょう。きっと楽しんでくれると思いますよ。
Posted by negipo at 2008年02月28日 11:07
negipo さん
コメントありがとうございます。
本人はパソコンとかネットとは無縁なので楽しんでもらえるか…。
でも、私がどんなことをやっているか見せてみるのも面白いかも知れないですね。

negipo さんも同じような体験をされたのでしょうか?
こういうことは想像したことがないわけでもないですが、想像以上に自分がショックを受けていることにまた、ショックを受けたりしてしまいますね。
Posted by knit at 2008年02月29日 23:20

ちょっとした、ドキドキがほしいな
http://2xfvgi1.love.chu-g.net/
Posted by 夏だからね at 2011年07月31日 08:15

尺八してもらったけどありゃたまんねーな!!
ジュパジュパ凄い音させながら吸いつかれて、30秒で発射しちまった(笑)
しかもオレ、女にお任せして寝てただけなのに5マソも貰った件wwww
http://yf6m8ci.jp.takaoka.mobi/
Posted by 吸引力の変わらないただひとつの… at 2011年08月03日 02:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。