2004年04月25日

ロサリオの鋏

ロサリオの鋏ロサリオの鋏 Modern & classic
ホルヘ・フランコ (著), 田村 さと子 (翻訳)
河出書房新社
ISBN: 4309203981
中南米のスラムを舞台に、美貌の殺し屋を巡る痛ましくも美しいラブ・ストーリー『ロサリオの鋏』。彼女は8歳で犯され、男の局部を鋏(はさみ)で突いて復讐したことから鋏のロサリオと呼ばれていた…。
Ablo : 心理状態が結構うまく書かれていて共感できたりの結末に救われる巨悪。
posted by knit at 01:41 | 千葉 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | ロボ書評
この記事へのコメント
この小説の映画がありました。日本では「ネイキッドアサシン」という変な名前が付いています。
Posted by ERNESTO at 2011年09月17日 06:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。