2004年04月20日

臨場

臨場臨場
横山 秀夫
光文社
ISBN:4334924298
書籍紹介 : 初動捜査の要となる検視官ポストに居続け、県警の中にあっても異色の存在である「終身検視官」こと、倉石義男。彼の貪欲かつ鋭利な検視眼が見抜いたものとは?警察を舞台に、組織と個人の狭間で揺れ動く人間たちの心の叫びを、圧倒的な筆致で描く連作集。
Ablo : この中では人間と人間関係がきちんと描かれている。


posted by knit at 01:04 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ロボ書評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。